西洋哲学

NO IMAGE 西洋哲学

「知性について」-「知性について」の一編

内容 ショーペンハウエルによって書かれたこの一篇は、哲学の方法、時間、天才などについて書かれています。この一編は、カントの「純粋理性批判」を基礎としているそうなので、そちらを読むと理解が深まるかもしれません。 知性とは 知性とは、...
NO IMAGE 西洋哲学

ニーチェ「喜ばしき知恵」

「喜ばしき知恵」について ニーチェの「喜ばしき知恵」は「ツァラトゥストラはこう言った」と「善悪の彼岸」に近い時期に書かれた書物です。内容的に似た箇所もあり、それぞれの書物を理解するのにお互いに役に立つかもしれません。またニーチェのもっとも...
NO IMAGE 西洋哲学

ニーチェ「道徳の系譜」

「道徳の系譜」の構成 「道徳の系譜」は、一.「善と悪」・「よいとわるい」、二.「負い目」・「良心の疚(やま)しさ」・その他、三.禁欲主義的理想は何を意味するか、の3つの論文から構成されています。「道徳の系譜」の扉裏によると、「道徳の系譜」...
NO IMAGE 西洋哲学

ニーチェ「この人を見よ」

本の題名 この本はニーチェ自身とニーチェの著書について書かれた本です。解説によると、「この人を見よ」はヨハネ伝第19章5節にある言葉で、捕らわれたキリストを指すそうです。 健康とは  ニーチェは根が健康だから自分で再度健康にしたそうで...
NO IMAGE 西洋哲学

カント「判断力批判」(上)第一章 美の分析論

趣味とは  カント「判断力批判」(上)の第一章 美の分析力は趣味判断について書かれています。ここでは美とは何かについて書かれているので、カントの著書の中では人々に一番関心を持たれる話題だと思います。カントは次のように趣味を定義しています。...
NO IMAGE 西洋哲学

マキアヴェリ「君主論」について

マキアヴェリとは  マキアヴェリはルネサンス期のイタリアの思想家です。国家の利益のためならどんな手段も許されるとか権謀術数主義などのマキアヴェリズムで有名です。「君主論」はフィレンツェの支配者の一人ロレンツォ・デ・メディチに献呈しようとし...
NO IMAGE 西洋哲学

「心の平静について」-「人生の短さについて」の一編

「心の平静について」のあらすじ これは師匠の命令に従って国政に参加しようと決心したセレヌスが平静を得る方法をセネカに教えてもらう話です。セネカはローマ帝国初期の哲学者でローマ皇帝ネロの家庭教師でした。セネカの話すことの根底にあるのは魂の不...
NO IMAGE 西洋哲学

「悲劇の誕生」の感想

なぜニーチェは悲劇について書いたのか 「悲劇の誕生」(「音楽の精神からの悲劇の誕生」)は劇としての悲劇とアポロ、ディオニュソスの関係について書かれ1872年1月に出版された書物です。なぜ哲学者ニーチェは処女作として芸術についての書物を書い...
NO IMAGE 西洋哲学

「哲学とその方法について」-「知性について」の一編

合理主義と照明主義 これは「知性について」/ショーペンハウエル著 細谷貞雄訳の中の一篇、「哲学とその方法について」を読んだ感想です。  ショーペンハウエルが言うには哲学には合理主義と照明主義があります。合理主義は意志に奉仕し、外部に向け...
NO IMAGE 西洋哲学

「哲学の貧困」カール・マルクス著について

「哲学の貧困」が書かれた経緯 この本は、プルードンがマルクスに贈った「経済的諸矛盾の体系、別名貧困の哲学」に対する批判として書かれたものです。なぜ、マルクスはプルードンが書いた「貧困の哲学」を受け入れる事ができなかったのでしょうか。それは...