西洋哲学

NO IMAGE 西洋哲学

「悲劇の誕生」の感想

なぜニーチェは悲劇について書いたのか 「悲劇の誕生」(「音楽の精神からの悲劇の誕生」)は劇としての悲劇とアポロ、ディオニュソスの関係について書かれ1872年1月に出版された書物です。なぜ哲学者ニーチェは処女作として芸術についての書物を書い...
NO IMAGE 西洋哲学

「哲学とその方法について」-「知性について」の一編

合理主義と照明主義 これは「知性について」/ショーペンハウエル著 細谷貞雄訳の中の一篇、「哲学とその方法について」を読んだ感想です。  ショーペンハウエルが言うには哲学には合理主義と照明主義があります。合理主義は意志に奉仕し、外部に向け...
NO IMAGE 西洋哲学

「哲学の貧困」カール・マルクス著について

「哲学の貧困」が書かれた経緯 この本は、プルードンがマルクスに贈った「経済的諸矛盾の体系、別名貧困の哲学」に対する批判として書かれたものです。なぜ、マルクスはプルードンが書いた「貧困の哲学」を受け入れる事ができなかったのでしょうか。それは...